女のま** えむおとこ

お昼に取材したのは、意外にも、以前からステマの契約社員をしていない五人の男子学生!
欠席したのは、メンキャバを辞めたAさん、普通の大学生Bさん、売れっ子アーティストのCさんえむおとこ、有名芸能事務所に所属する予定のDさん、えむおとこ芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「ではえむおとこ、辞めたキッカケから教えていただくことにしましょう。Aさんからお話しくださいますか」

女のま** えむおとこに期待してる奴はアホ

A(元メンキャバ就労者)「オレは、女性心理が理解できると思い試しに始めました」
B(男子大学生)「うちは、稼げれば何でもやると思ってスタートしましたね」
C(シンガーソングライター)「自分は、ロックミュージシャンをやってるんですけど女のま**、まだ素人同然なんで少ししか稼げないんですよ。大スターになる為には目立たない所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、、女のま**こうしたバイトもやって、女のま**一旦アンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某タレント事務所所属)「俺は、えむおとこ○○って芸能事務所に入って作家を目指し励んでるんですが、女のま**一回の舞台で500円しか頂けないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやろうと思うんです」

仕事を楽しくする女のま** えむおとこの5ステップ

E(コント芸人)「実のところ、小生もDさんと似た状況で、1回のコントで数百円の快適な生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ステマの仕事を始めることにしました」
意外にも、メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに未所属という普通のメンバーでした…、えむおとこだが話を聞いてみるとどうも、五人にはステマ特有の喜びがあるようでした…。
気軽に出会えるサイトを使う人々にお話を伺うと、大半の人は女のま**、人肌恋しくて、つかの間の関係を持つことができればそれで構わないと言う見方で女のま** えむおとこを選んでいます。
簡単に言うとえむおとこ、キャバクラに行くお金を節約したくて、風俗にかける料金もかけたくないから、お金がかからない女のま** えむおとこで「手に入れた」女性でリーズナブルに済ませよう、とする男性が女のま** えむおとこという選択肢ををチョイスしているのです。
片や、「女子」側ではまったく異なるスタンスを抱いています。
「どんな男性でもいいから女のま**、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。女のま** えむおとこに手を出している男性はほとんどがモテない人だから、女子力のない自分でも意のままにできるようになるわよ!もしかしたら、えむおとこタイプの人がいるかも、おじさんは無理だけど、えむおとこタイプだったら会いたいな。女性の8割以上はこのように考えています。
端的に言えば、女性は男性の顔面偏差値かお金がターゲットですしえむおとこ、男性は「リーズナブルな女性」を求めて女のま** えむおとこを役立てているのです。
いずれも、女のま**できるだけ安くお買い物がしたくて出会いを渇望しているようなものです。
結果的に、女のま** えむおとこにはまっていくほどにえむおとこ、おじさんたちは女を「売り物」として捉えるようになり、女性もそんな己を「売り物」としてみなすように転じていってしまうのです。
女のま** えむおとこに馴染んだ人のスタンスというのは、女性をだんだんとヒトではなく「物」にしていくような狂気的な「考え方」なのです。
質問者「もしや、芸能人の世界で売れたいと思っている人って女のま**、サクラでお金を貯めている人が沢山いるのでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと言いますね。サクラで収入を得るのって、シフト比較的自由だし、僕みたいな、女のま**急にオファーがきたりするような仕事の人には適職と言えるんですよ。予測不能の空き時間にできるし、なかなかできない経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「貴重な経験になるよねえむおとこ、女の子としてやりとりをするのは全く易しいことじゃないけど自分たちは男性だから女のま**、自分がうれしい言葉を向こうに投げかけてやればいい訳だし、男側の心理はお見通しだから、相手も容易にだまされますよね」
A(メンキャバ勤めの男)「想像以上に、女の子でサクラをやっている人はサクラは男性の心理がわかってないから本当は下手っすよね」
筆者「女性のサクラ以上にえむおとこ、男性のサクラの方が比較して優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「まぁ、そうです。優秀な結果を残しているのは大体男性です。ところがどっこい、えむおとこ僕は女の役を作るのが苦手なんでえむおとこ、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(某有名芸人)「お分かりの通り、ほら吹きがのし上がる世界ですね…。女の子を演じるのが大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女性の役を演じるのも、女のま**思った以上に大変なんですね…」
女の子のキャラクターのどうやってだましとおすかのトークで盛り上がる彼女ら。
そんな中で、ある言葉を皮切りに、えむおとこ自らアーティストであるというCさんに好奇心が集まったのです。